脱毛クリームでひげの脱毛はできるの?

脱毛クリームでひげの脱毛はできるの?

最近脱毛クリームや除毛クリームを使うひとが増えてるそうですが、これでひげの脱毛できないか?
永久脱毛まではいかなくてもしばらく生えてこなかったり、ひげを減らすことはできるんじゃないか?と考える人も少なくないそうです。
実際に脱毛クリームのメーカーには「ひげ脱毛は可能ですか?」という問い合わせがよく来るそうです。

 

もちろんひげも体毛もおなじたんぱく質でできているのでひげも脱毛クリームで脱毛することは可能です。
ただし多くの脱毛クリームはたんぱく質を溶かすアルカリ性なのです。

 

実は肌もアルカリ性であるために、脱毛クリームを塗ると肌も溶かしてしまう可能性もあるからです。
特に顔は目や口、鼻といった粘膜が多く集中してる部位でありこのようなクリームの使用はおすすめできません。

 

それに、想像以上にひげをふくめ人間の体毛とは再生能力が強いのです。
仮に一時的に脱毛クリームでひげを溶かすことができたとしても、毛根が生きてる限りはひげも体が必要としてるものとして生えてきます。

 

もちろん、毎日何度も何度も脱毛クリームを塗れば減るかもしれませんが、アルカリ性のあるモノをそれだけ塗ることはひげどころか肌を傷めてしまい、肌荒れがひどくなってしまいます。

 

顔が腫れた状態ではなんのためにひげ脱毛したのかわかりませんよね?

 

そもそも脱毛クリームとエステやクリニックで行う脱毛はまったく異なります。
エステやクリニックで行うフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は毛根を破壊することを目的として脱毛処理を行います。

 

これは毛根の細胞に光やレーザーを当てて、毛根そのものを死滅させて毛を生えなくするというものです。
この場合毛根は死滅してるのでひげは再生されません。

 

しかい脱毛クリームは全く方法が異なって毛を溶かすものが一般的です。
表面の毛を溶かすことで毛を目立たなくすることが脱毛クリームの役目なので、毛根を傷めることはある程度できるかもしれませんが、ほとんどの場合毛は生えてきてしまいます。

 

特に青ひげの方などは生える速さが早いので、脱毛クリームで脱毛してもすぐにひげが生えてきてしまうでしょう。
また脱毛クリームを塗ってちゃんと洗い流せてない場合にひげそりで剃ると肌が大きく荒れてしまう場合があります。

 

脱毛クリームは刺激性のものがあるので使用に関しては注意しなければいけません。
確かに数千円程度で脱毛できるので価格としては魅力なのですが、毎日使用するということはできないうえ、すぐにまた生えてきてしまうので結果として脱毛クリームだけでひげを永久脱毛し続けるという事は現実的に不可能ともいえるでしょう。