ヒゲ脱毛の素朴な疑問

ヒゲ脱毛の素朴な疑問

ひげの脱毛を検討してる人で心配事などあるかもしれません。
ここではそんな素朴な疑問に対するヒゲ脱毛のあれこれを回答していきます。

 

ひげの脱毛は保険適用されるの?

 

エステではなくクリニックなどの脱毛は医療行為として胃認定されてるので、保険適用ができると考える人もいるかもしれません。
しかし、ひげの脱毛は保険適用外です。ですのですべて自費となります。
美容整形などと同じようにひげの脱毛では保険適用がされないので、全額負担となるわけですね。

 

ただ、まれにですが適用される場合もあるそうです。
これは多毛症と診断されて治療が必要な人の場合ですので少し体毛が濃い程度ではまず認められません。
健康にあくまで支障がでるというレベルですので基本的には難しいでしょう。

 

ひげ脱毛すると肌は荒れる?

ひげ脱毛すると肌が荒れる場合があります。
というのもひげを脱毛するにはレーザーなどで毛根に軽い炎症を起こしたり、皮膚にもある程度負担がかかるからです。
人によっては軽い炎症を起こしたり、場合によっては脱毛後に白いニキビができる場合があります。
これは脱毛処理によって炎症を起こしたり、やけどをした部位からばい菌が入り起こることなのです。
クリニックやエステなどでもこれに対してクリームをくれたり、ある程度の処理はしてくれるのですが、やはり多少はそのような処理をしていても出てしまう場合があります。
ですので、人と会う機会が増える時期の前にはひげの脱毛は避ける方がいいかもしれません。

 

ひげは剃れば剃るほど濃くなる?

よく昔からひげは剃れば剃るほど濃くなると言われていますがこれはホントでしょうか?
じつはこれはあまり科学的根拠がなく、一般にはそのようなことはないと言われています。
なぜこのように言われてるのかというとひげを剃ると断面が見えるので、そこが青く見えるわけです。
当然剃るとその断面が良く見えるようになるので濃くなると勘違いしてしまうのでしょう。
また成長にともなってひげそのものも濃くなってくるので、当然太くなってくるのでそれもだんだん濃くなってしまうのも理由の一つです。

 

ひげの脱毛時期は?

ひげに限らず体毛には毛周期と呼ばれる時期があり、体の表面に出てる毛と眠ってる状態の体毛に分かれます。
このために一度の脱毛では取り切れない場合があります。
ですのでひげ脱毛も一度にすべて取れるわけではなく一か月もしくな二か月に一度行い、何度か脱毛していくという事になるので例えば夏までに体毛やひげをなんとかしたいというのであれば毛の量にもよりますが秋もしくは冬くらいから脱毛していくのが良いでしょう。