3つのひげの脱毛種類

3つのひげの脱毛の種類とは?

ひげを脱毛する場合は三つの脱毛方法があります、それぞれ予算や自分の理想のひげ(全て脱毛する、部分脱毛する、間引きする、ひげのデザイン脱毛をするなど)
に合わせて脱毛する必要があります。

 

また、完全に(とはいえ少し生えてくる場合もありますが)永久脱毛したいのか、一時的に生えなくする、減らすなどそれぞれの状況に応じて脱毛を選ぶ必要があります。
女性の脱毛と違い、男性のひげの場合は将来また生えてきてほしい、ひげが完全になくなってしまうのも少し怖いという意見もあるからです。

 

ひげ脱毛をする場合には以下の脱毛方式の中から選ぶ必要があります。

 

ひげをフラッシュ脱毛で脱毛する

フラッシュ脱毛とは光をひげに照射することでひげの毛母細胞を破壊して、ひげの再生を止めてしまう脱毛方式です。
肌に負担が他の脱毛と比べてかかりにくい、予算が比較的安く済むなどのメリットがあります。
フラッシュ脱毛は主に脱毛サロンなどで行われる脱毛方法です。

 

医療行為ではないために医療免許の必要がなく、脱毛できます。
ただし、医療免許の必要なレーザー脱毛や他の電気美容脱毛と比べると脱毛効果は弱いとされています。
というのもフラッシュ脱毛では毛母細胞を完全に破壊できない場合や脱毛残りが出てしまうからです。
また技術者のレベルが低いと数か月で生えてきてしまったという例もあります。

 

ひげをレーザー脱毛で脱毛する

フラッシュ脱毛よりも効果が高いと言われてるのがひげのレーザー脱毛です。
フラッシュ脱毛と原理は同じでフラッシュよりも強い光(レーザー)によってひげの毛根を焼き切ります。
一般的にはフラッシュ脱毛よりも効果も高く、またフラッシュ脱毛では届きにくい深く埋まった毛根も破壊できるとされています。
以前はフラッシュ脱毛よりも高い施術費用が必要だったのですが、最近は無制限で脱毛できるなど様々なプランがあり、利用する人が増えている脱毛です。
照射範囲がフラッシュ脱毛よりもやや高いので、少し脱毛に要する時間がかかるとも言われています。

 

ひげを電気美容脱毛で脱毛する

電気美容脱毛とはひげの毛根にプローブと呼ばれる針を差し込み電気を流すことでひげの毛根を焼き切る脱毛方法です。
海外では一般的な脱毛方法で永久脱毛効果があると認められています。
時間と費用がかかるのですが、脱毛効果は高く、毛が生えてきても二割以下とされています。
一般にこの脱毛方法をあつかってる脱毛サロンは少なくダンディハウスやメンズTBCが行っています。
価格は一本あたりの値段となり一本105円程度とされています。