ひげ脱毛と家庭用脱毛器

脱毛器とエステぶっちゃけどちらがいいのか?

ひげ脱毛する場合は家庭用脱毛器と脱毛エステ、クリニックどちらがいいのか?
結構気になりますね。

 

個人的にはどちらも人それぞれであるというところでしょうか。

 

それぞれ用途や使い勝手が違ってくるのでどちらが良いと言い切れない部分もあります。

 

ではそれぞれの特徴をまとめてみました。

 

脱毛エステ、クリニック

最終的な価格は高めで、予算は顔のひげをすべて脱毛する場合は50〜80万円程度が相場と言われています。
もちろんデザイン脱毛やひげを間引くような脱毛の場合だとそこまでかからないのですが、濃いひげやほほが青いいわゆる青ひげ状態の場合はそれなりに予算は必要です。
脱毛エステは主にフラッシュ脱毛であり、脱毛範囲が広く短時間でできる、価格が安いというメリットがあります。
ただし脱毛効果はレーザー脱毛や電気美容脱毛と比べると弱いと言われ、また生えてくる場合もあります。

 

レーザー脱毛と比べると威力がやや弱いとも言われています。
一方レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比べると威力は強く、永久脱毛効果があると言われています。
またTBCなどの脱毛はフラッシュ脱毛とは違い、TBCスーパー脱毛と呼ばれる電気美容脱毛を採用しています。
脱毛エステの特徴は専門家に丁寧にやってもらえる、脱毛後のケアがちゃんとしてる、デザイン脱毛や間引きなど様々な理想のひげ脱毛ができるという部分です。
価格は高いのですが、やはり安心という点から圧倒的に選ぶ人が多いのも脱毛エステです。
デメリットとしては予約などが脱毛シーズン中は取りにくい、通うのが面倒という点が言われています。

 

家庭用脱毛器

全ての部位を脱毛する場合はかなり安くで脱毛できるという部分、いつでも気軽に脱毛できるという点が家庭用脱毛器の最大のメリットです。
ただし一般的に脱毛器として評価が高いケノンもフラッシュ脱毛であるために、脱毛の威力はまあまあ、そして自分でしなければならないので手間がかかる点と丁寧にひげの脱毛処理をするのが難しい点、脱毛後肌が荒れてしまった場合などは自分の責任となってしまう点があげられます。

 

また人によっては最初脱毛器を購入してある程度脱毛し、それでもまだしつこくひげが生えてくるという場合には脱毛エステの無料体験などで残りのひげを徹底的に取るという人もいるようです。

 

フラッシュ脱毛などは比較的安いのですが、TBCが行ってるTBCスーパー脱毛などは永久脱毛効果があるものの一本単価で計算されるので比較的高いからですね。

 

ですので家庭用脱毛器を購入→フラッシュ脱毛のエステで脱毛→それでも残ったらTBCスーパー脱毛でというようにする人も最近増えてるみたいです。